信用取引で儲けたい人のための豆知識

短期決戦なら信用取引向き

現物株式取引は例え値が下がってもまた上昇するまで持ち続ける事が出来ますが、リスクが低い分利益も低いですよね。 そこで短期取引勝負を仕掛けたい投資家向きなのが、信用取引です。信用取引ならレバレッジ(担保)が3倍まで取引出来る証券会社が多いので、50万しか持っていなくても150万の取引が出来、勝負を掛けたい取引が短期決戦ならお勧めです。注意点として借金と同じなので借り入れ手数料がかかる事・6ヶ月の期限があり期限が来ると決算して手仕舞いになる(無期限もあります)可能性が高い事が挙げられます。また下降傾向でも売りから始められるので、上昇傾向にしか利益が出せない現物株式と違って景気に合わせて投資が出来る魅力があります。

初心者にも大丈夫な信用取引

理由がないのに市場が上昇傾向と言う矛盾が多い時は、現物株式の時は静かに見守れますが信用取引の場合は天井が見えたら即刻逃げる準備をします。 急落した時に身軽にしておくのがベストですが、初心者にとって市場を読み解くのは難しいのでレバレッジを1倍で始める・保証金を多めに入れて置くなど予め準備しておきましょう。市場は驚くような動きをする時がありますので、少しでも変化に気付いたらすぐに逃げます。大きな利益を求めずに手堅く取引できる投資家に向いていますので、常に市場の動きを察知できる短期タイプ向きです。信用取引は怖いなと言うなら、最初は手堅い株で試してみませんか?取引しているのは同じ株式ですから、一度取引を体感すれば虜になりますよ。