信用取引で必要な手数料は?

現物株の取引にはない手数料がかかる

信用取引の基本は証券会社からお金や株式を借りるという仕組みになりますので、何かを借りる以上はそれなりの手数料が発生するのです。現物株の取引では持っているお金の範囲だけで売買するため、売買するための手数料しか必要ありませんが、信用取引においては、売買するための手数料以外に信用取引ならではの手数料が発生します。 信用取引での売買では、預けている金額以上のお金を証券会社から借りてきてレバレッジを掛けられるという特徴から、借りているお金に対する金利を支払う必要があります。また、信用取引で株式を買うという行為は、証券会社や個人が持っている株式を借りている状態であるため、借りている株式に対する手数料も発生するのです。このように、信用取引では現物株の売買とは異なる手数料が発生することを覚えておきましょう。

信用売り取引では、独自の手数料が発生する場合も

信用取引ができるようになると、信用売りという売りから入る取引が出来るようになります。一般的に信用売りは空売りとも呼ばれており、株式を借りてきて売却して得た資金を、株価が安くなった時に市場から買い戻して借りてきた株式を返済することで、差額の金額が自分の利益となる仕組みになっています。 最初の取引では株式を借りている状態になっており、人気のある銘柄の場合は貸せる株式の数が少なく品薄になるケースとなった場合、逆日歩という信用売り独自の手数料が必要になります。これは一株当たりに価格が設定され、株式が不足している限り逆日歩は発生し続けますので、思わぬ損失を被る場合があることを理解しておきましょう。特に株主優待で人気のある銘柄は、信用売りをした場合に逆日歩が発生する可能性が高くなりますので、注意が必要です。