信用取引では具体的に何をするの?

信用取引ってどんなもの?

株式投資において信用取引というスタイルがありますが、これは資産という信用を担保にすることで最大で3倍もの株式を購入できるスタイルのことです。仮に持ち合わせている現金が100万のみであったとしても、信用取引を活用すればレバレッジ効果で300万までの株式を購入できるということになります。 基本的には現物取引がメインとはなりますが、どうしても購入しておきたい株式がある場合などに信用取引は非常に強力な効果を発揮します。株式投資で成功するために重要なポイントは下振れに影響されない潤沢な資金の確保とコントロールですが、信用取引を利用する目的やタイミング次第ではこれ以上ないほどの「裏ワザ的手法」にさえなるのです。

信用取引でできることとは?

普通に考えると信用取引の目的はどうしても大量購入したい有望な株式を購入しておき、あとから売却し利益を得るという流れになりますが、実はこれ以外にも信用取引でできることが存在します。 それは「株価の下落によって儲ける」ということです。たとえば信用取引で証券会社から借りた株を売却して100万得たとしましょう。その後株価が下落してしまい80万の価値しかなくなってしまったとしても、株式を証券会社にそのまま返すと差額の「20万の利益」が出たことになります。 このように信用取引の使い方の視点を変えてみると、必ずしも「株価の上昇と売却」という基本にだけ捉われる必要はありません。今一度信用取引の活用方法に注目してみましょう。